IT 家計改善

【PowerBI】OneDrive と連携してMoneyForwardデータを可視化してみた

こんにちわ、あひるです🐤

MoneyForwardを2年以上使用しております。

普段使いは問題なく、グラフなどはパッと見分かりやすいのですが、もう少し詳細に見たい場合は自分で何とかするしかありません。

ただ、毎月データをダウンロードして、クエリでマージして、エクセルで表示させる・・・

もっと簡単に出来ないものかと考えました。

現在の最適解の1つは「OneDriveフォルダにファイルをポイっと入れて、PowerBIの更新ボタンを押すだけ」です!

そんな方法を今回ご紹介します。

 

作業フロー

メリット

・連携することでPowerBIの更新ボタンを押すだけでデータのアップデートが可能

・MoneyForwardのデータを自分の好きな切り口で確認できる

例①:支出の100%積上げグラフを表示させて、支出の各割合を確認できる
例②:各月の支出明細を簡単に比較できる

 

手順の紹介

準備:MoneyForwardデータの入手

MoneyForwardのサイトにアクセスして、「家計」→「収入・支出詳細」のページ最下部にある「家計簿データの出力」のダウンロードをクリック

Excel、csvどちらでも可(私はExcelで出力しました)

OneDrive上に専用のフォルダーを新規作成し、全ての月次ファイルをそのフォルダーへ移動させる

 

① OneDriveのアドレスを取得

ブラウザでOffice365系のサービスを開いている場合、左上のメニューから「OneDrive」をクリック

 

※OneDrive for Businessのみ可。コンシューマ向けのOneDriveは不可

 

開いたURLから必要な箇所のみコピー

『https://◯◯◯/my.sharepoint.com/personal/メールアドレスの変形』  までをコピー

 

② PowerBIでアクセス

PowerBIを立ち上げ、「データを取得」→「ShrePointフォルダー」を選択

①でコピーしたURLを貼り付ける

 

③ フォルダーのデータを取得、連結

OneDrive内の全てのフォルダーが選択されているため、一番右の列の「Folder Path」に移動し、パスの一番最後を確認し、目的のフォルダーのみ選択する

フォルダー内のファイルが表示されるので、「Content」の下矢印ボタンを押すことで、全てのファイルが結合されます

④ BI化

後はPowerBIで煮るなり焼くなり自分の好きなように可視化すればOK(下は支出を100%積み上げグラフにして支出のバランスを見ています)

 

まとめ

OneDriveと連携してMoneyForwardのデータをPowerBIで可視化してみました。

サイトから直接ではなく、手動でダウンロードして、フォルダーへ保存する手間はありますが、月一の作業なのでそこまで手間ではないかなと思っています。

Python使えば出来そうですが、それはまた別の機会で。

それでわ。

-IT, 家計改善

© 2022 あひるのブログ Powered by AFFINGER5