資産運用

【高橋ダン本要約】2冊分のテクニカル分析を解説

こんにちわAGEです🐤

高橋ダンさんの著書2冊を読みました。

「世界のお金持ちが実践するお金の増やし方」

「僕がウォール街で学んだ勝利の投資術」

その中で紹介されている2冊分のテクニカル分析を

ギュギュっと纏めるとざっくり以下のようになります。

【トレンドの確認】

移動平均線、出来高、MACD、ストキャスティクス、ボリンジャーバンド、RSI

【転換を見極める】

MACD、ストキャスティクス

【売り時を見極める】

ボリンジャーバンド

あひるさん
これだけだと、ちょっと分からないよ~

大丈夫です。

ダンさんは難しい表現はしておらず、読めばすぐに手法を使いたくなります。

それをさらに簡単に纏めた内容を紹介します☺

このような方向け

・株初心者の方

・高橋ダンさんの分析手法を知りたい方

・テクニカル分析を復習したい方

それでは、Let's go!!

1. 移動平均線

まず移動平均線を確認します。

移動平均とは、ある一定期間の平均価格であり、

これを繋いだ線を移動平均線と言います。

<出典:僕がウォール街で学んだ勝利の投資術より>

デッドクロス

短期の移動平均線(5日)が、長期の移動平均線(25日)を下に突き抜けた時

= これから下落トレンドが始まるサインの事

75日平均線も突き抜けていれば強いトレンド

ゴールデンクロス

反対に短期の移動平均線(5日)が、長期の移動平均線(25日)を上に突き抜けた時

= これから上昇トレンドが始まるサイン

 

ダンさんの使い方

チャート上に、100日平均、75日平均、50日平均、25日平均など、複数の移動平均を同時に表示させ、

値動きの傾向を確認する。

ポイント

全体的なトレンドを確認すべし

 

2. ボリューム・出来高

次にボリュームでどの程度の取引量があったかを確認します。

ボリュームが大きかった日に何が起きていたかを確認することは、トレンドを読むうえでも非常に重要になります。

<出典:Trading Viewより>

例えば上チャートは2020年5月付近のJETS株価ですが、

株価が上昇している時の方がボリュームが大きい = まだまだ買いたい人が多い と判断することができます。

ポイント

ボリュームを確認すれば売買戦略が見えてくる

 

3. MACD

マックディーと読み、移動平均線と同じように2つの線が交差し、突き抜けるとトレンドが変化したサインになります。

MACDに利用されている移動平均は直近の価格を重視しているため、現在の値動きへの反応が早い事が特徴です。

一般的な設定

Fast Length = 12

Slow Length = 26

Source = close

Signal Smoothing = 9

ダンさんの設定

Fast Length = 8

Slow Length = 18

Source = close

Signal Smoothing = 6

 

トレンドを表すサインが早すぎたり、遅すぎたりすることがあるため、

自身で用いる数値を変える必要があります。

<出典:世界のお金持ちが実践するお金の増やし方より>

『1』の部分でデッドクロス+2つの線が下向き=下落トレンドの始まり

『2』の部分でゴールデンクロス+2つの線が上向き=上昇トレンドの始まり

ポイント

MACDで上昇・下落の転換点を見極める!

 

4. ストキャスティクス

MACDと同様に「2本の線のクロスで値動きの方向の転換を見極める」ことが可能です。

現在の設定(値動きが早い場合)

K = 14

D = 3

Smooth = 3

ダンさんの設定(通常時=値動きが緩やかな場合)

K = 28

D = 6

Smooth = 6

 

<出典:世界のお金持ちが実践するお金の増やし方より>

%Kが%Dを下から上に突き抜けるとゴールデンクロス、逆の場合はデッドクロスになります。

ポイント

ストキャスティクスで相場の方向を知る!

 

5. ボリンジャーバンド

中央の線と上下のバンドから構成されており、中央の線は移動平均線、

上下のバンドは標準偏差になります。

ボラティリティが上昇=上下のバンド幅が広がる

ボラティリティが低下=上下のバンド幅が狭くなる

<出典:僕がウォール街で学んだ勝利の投資術より>

通常の使い方

ボリンジャーバンドの中から上に抜けた時は高値になっているため → 売り

下に抜けた時は安値になっているため → 買い

ダンさんの使い方

≪ボリンジャーバンドは売り時を探る≫

①ボリンジャーバンドを上に抜けた時に一部(30~70%)売る

②もっと上に上がればさらに売る

≪ボリンジャーバンドはトレンド確認≫

MACDなどのテクニカル指標が出すサインが正しいかを確認

ボリンジャーバンドの幅が狭い=トレンドが小さい=チャートが示すシグナルが外れる可能性が高い

 

ポイント

ボリンジャーバンドはバンドの突破を参考にする

 

5. RSI

歴史的に見て、価格が過大評価されているか、過小評価されているかを判断する時に使います。

一般的な設定

期間=14

上方の帯=70

下方の帯=30

一般的な使い方

RSIが30を下回った時は売られすぎのため → 買い

RSIが70を上回った時は買われすぎのため → 売り

 

<出典:世界のお金持ちが実践するお金の増やし方より>

ダンさんの使い方

≪長期のRSIを確認し、上限と下限を見極める≫

例えば、過去5年間にRSIが20未満になったことがなければ、20未満になった時に買い

≪50を基準にトレンドを見つける≫

45→55になったら → 買いのトレンド

55→45になったら → 売りのトレンド

 

ポイント

RSIでトレンドを確認する

 

 

7. まとめ

どの指標が正しい、重要というわけではなく、色々と照らし合わせながら、

トレンドを見極めていくのだと思います。

株式投資を始めて一番難しいと思ったのが、売り時です。

ダンさんはボリンジャーバンドを売り時に使っているので、しばらく実践してみようかと思います。

 

ダンさんは本の中で「自分のルールを守ること」の重要性を強調していました。

体験談ではルールを破ったために10分間で7億円の損失を出したとか・・・

感情抜きで自分のルールにのっとり投資を行うことが大切だと改めて認識しました。

テクニカル分析以外にも投資すべきETF、長期積立てのやり方、考え方、

ダンさんの体験談から学べることが多くありましたので、ぜひ一読してみてください。

それでわ。


-資産運用

© 2021 あひるのブログ Powered by AFFINGER5