家計改善 資産運用

【写真付き】NISA口座の金融機関変更方法を解説

こんにちわAGEです🐤

今回は実際に以下のような金融機関・口座切換えを行いましたので、

その流れを簡単にご紹介したいと思います。

この記事で分かること

・金融機関変更と口座切換えを同時に行う方法

・必要な日数

 

それでは、Let's go!!

 

1. 全体の流れ

 

全体の流れを分割すると2つに分けられます。

◆現在口座のある金融機関

①現在口座がある金融間に「移行したいよ~」と連絡。

②現在金融機関「ええで~。この書類に記入してや」。書類を受領し、提出。

③現在金融機関「OKや。ほな紙送るわ」。勘定廃止通知書を受領。

◆移行先金融機関

④移行先金融機関に「移行させてよ~」と連絡。

⑤移行先金融機関「分かりました。必要書類を送ります」。書類を受領し、勘定廃止通知書と合わせて書類を提出。

⑥移行先金融機関「確認しました。口座開設手続き開始します」

⑦移行先金融機関「税務署OKだったので開設しました」

 

①と④を同時に行えば、時間短縮になります。

AGEは同時に行いましたが、①~⑦は約1ヶ月かかりました。(10月末~12月初)

早めの行動が大切ですね。

 

ここまでで流れが分かったと思いますので、記事の大半は終わりなのですが、

これから具体的な手続きのやり方をご紹介したいと思います。

 

2. 現在口座のある金融機関への申請

現在口座のある金融機関がSBI証券だったのですが、

まぁ・・・面倒くさいです

いちいちカスタマーセンターに連絡しなければいけません

 

①カスタマーサービスをクリック

②お問い合わせの概要を下の様に変更し、決定

③NISA口座を他の金融機関に移行したいと記入

④「金融商品取引業者等変更届出書」を請求する

⑤書類が届くのを待つ

⑥書類が届いたら内容確認の上、現在口座のある金融機関に提出

 

ここまでが一番時間がかかりました。

簡単に口座を移行させないためだと思いますが、

もう少し利用者目線になってほしいですね。

 

3. 移行先の金融機関に申請

こちらは全てweb上のボタンクリックでOKです。

①NISA口座申し込みをクリック

<出典:楽天証券HPより>

②書類が届く

③内容確認の上、必要書類を移行先金融機関に提出

AGEの場合、既に楽天証券に総合口座を開設していたので、

マイナンバー登録済み。

そのため、提出書類は"届出書""勘定廃止通知書"だけでした。

 

ちなみに初めて開設される際の必要書類は以下の通りです。

 

後は、待つのみです。

Web上で進捗具体が分かりますので、気になる人はチェックしてみてください。

開設完了されれば、メールで連絡がきますので、

ようやく取引する事が可能です(∩´∀`)∩

 

4. 投信の設定

詳しい説明は省きますが、ランキングから選ぶのが無難かなと思います。

迷ったら、eMAXIS Slimのオールカントリー、もしくは全米株式を選んでおけば良いです。

eMAXIS は必ず Slim 付きを選んでください。

Slim無しは手数料が高い。。

 

ちなみにご参考までにAGEは以下の通りです。

クレジット決済の5万円を使いきる形です。

妻のつみたてNISAでeMAXIS オールカントリーを購入しているので、

AGEは楽天VTIにしています。

国内債券は値動きが少ないので、購入後は直ぐに売却を考えています。

あくまで楽天ポイント獲得が目的です。

 

5. まとめ

手続きの内容自体は簡単ですが、

金融機関に書類を申請するまでが面倒くさいです。

時間が1ヶ月はかかりますので、早めの行動をお願いします。

それでは、良い資産形成を👋

-家計改善, 資産運用

© 2021 あひるのブログ Powered by AFFINGER5