雑記

【初心者向け】人間ドック受けてみた

こんにちわ、AGEです🐤

先日、初めて人間ドックを受けてきました

備忘録もかねて、人間ドックを受けるまで・当日の流れを説明したいと思います。

 

・人間ドックってどんなことをやるの?

・費用はどのくらい?

・どのくらい時間がかかるの?

 

このような悩みの参考になると思います。

あくまで私の体験談であることをご承知ください m(_ _)m

それでは、Let's go!!

目次

  • 1. 人間ドックを受けたきっかけ
  • 2. 人間ドックの申し込み
  • 3. 人間ドック準備
  • 4. 人間ドック当日
  • 5. 人間ドックを終えて

 

 

1. 人間ドックを受けたきっかけ

健康寿命という言葉をよく耳にします。

健康寿命とは元気に自立して過ごせる期間になります。

 

対して平均寿命は、その名の通り人の寿命の平均になります。

いくらお金があっても、長生きしても、ベッドに寝たきりでは意味がありません。

健康寿命と平均寿命の差が男性では約9年、女性では12年というデータがあります。

 

病気になる前に疾患リスクを早期発見して予防することが大切になってきます。

資産運用を始めるようになって、健康にも気を付けるようになってきて、

子どもも2人になったし、人間ドックやらを受けてくるか!と思い、受けることを決めました!

 

2. 人間ドック申し込み

 

申し込み

会社から人間ドックの申し込み書を受け取っていたので、受診できる病院リストの中から、

そこそこ近く、信頼のおける病院を選択し、スマホで申し込みしました。

(嫁さんのお父さんが人間ドックを受けており、その情報を元に病院は決めました)

 

後日、病院から直接電話があり、受診日が決まりました。

あひるさん
今年は3~4月にコロナの影響で人間ドックが中止になったので、

その人達の分を優先的に夏~秋にかけて予約を入れているらしいよ

 

3. 人間ドック準備

 

記入

しばらくすると、病院から封筒が届きました。

費用は通常4万円ちょっとするのですが、会社経由で申し込んだので2万円ちょっとになっていました。

相場が平均4万円なので、妥当な金額だと思います。

 

当日までに準備する内容としては、

・問診票:事前記入

・同意書:事前記入

・検尿:当日朝1回分

・検便:受診日3日前から2回分

検便2回分!?

しかも3日前から2回分!?

便秘の人はどうするんだろ・・・と思ってしまいました。

 

4. 人間ドック当日

 

待ち

受付時間は朝7:15~8:15の1時間

病院には7:30頃に到着し、受付に向かうと既に行列!!

待ち時間が凄く長かった。。

服装は普段着でOK。

上半身裸になる検査もあるので、脱ぎ着しやすい服装の方がベター。

 

あと、印象としては高齢の方が多い。

30~50代の働き盛りの人が受けるイメージだったので、意外でした。

女性も想像より多かったです。

 

ここからは、AGEが受けた検査を順番に当時の感想と合わせてお送ります。

step
1
超音波検査

上半身裸。
お腹にジェルを塗って、息を吸って吐いての繰り返し。
担当は若い女性の看護師さん。
おへそ綺麗にしておけば良かった(〃ω〃)

step
2
心電図

心電図

上半身は胸まで裸。
足首も出す。
冷んやりする機器を付けて、あっと言う間に完了。
担当はおじさん。
無心。

step
3
採血

採血前にウエスト測定。
担当は若い女性の看護師さん。
平常心かつ少しお腹に力が入ってしまう

採血

4本分採血。
こういう時は担当の方が若いと若干不安。
二本目切り替えの時に管を落とすハプニング発生。
・・・注射は何歳になっても嫌い。

step
4
身長体重

素足。
身長測るバーは自動で降りてくるタイプ。
少し体重減ってて良かった。

step
5
胃カメラの同意書記入

採血を担当した女性。
名札の写真と現在の外見がだいぶ違う…(就職して垢ぬけたのかな)
色々説明を受け、初めての胃カメラなのでビビり始める。

step
6
胃カメラ

胃カメラ

液体を飲んで、喉に麻酔スプレー。
そのスプレーで嗚咽してしまい、看護師さんに励まされる。

担当は見た目中堅男性医者(雰囲気冷徹)。
横たわり、マウスピースを噛んで、口から胃カメラ。

「胃カメラ太くない!?現代の医療は進歩していないのか!?」と思った矢先、

地獄。

果てしなく続く地獄。
嗚咽、鼻水、よだれ、涙、ありとあらゆる体液が外に出ていく。
説明時はカメラを見ながらだとリラックスできるって言ってたのにカメラ上すぎて見えないし
「ゲップは出来るだけ控えて」と言われた直後にゲップ連発。。

「我慢無理だろ。。」
ゲップしたら診察時間延びるんだろうな〜と思ったけど、

「無理〜ゲップ〜」
鼻で呼吸する余裕なく、口呼吸。

嗚咽しすぎのせいか、途中で終わった感じ。
二度とやりたくないトラウマ級の体験でした。。

step
7
胸部レントゲン

担当はガタイの良いおじさん。
正面、側面の二枚撮影。
胃カメラの余韻で元気なし…

step
8
眼検査

担当中堅女性。
視力検査は片目にシャッターのある眼鏡をつけて、おなじみのパックマン。

眼圧検査。
初めてやったけど、一瞬で終わり。

step
9
眼底、聴覚検査

眼底検査

担当は若い女性。
眼底は目の前がフラッシュ。
聴覚は反応したらボタンぽち。

step
10
医師診断

問診

めちゃめちゃ待ち時間が長い…
早く受付するべきだったと後悔。
朝の数十分が終わる時間の1時間に相当。

ようやく順番がまわってきて、おじさん医者が今回の結果を簡単に説明。

自分の気になる症状等を問診票も併せて雑談。

朝到着が7:30~13:00 までかかったので、人間ドックにかかった時間は約5時間30分でした

 

今回の人間ドックの結果は良好

唯一コレステロール値が高く、これは会社の健康診断でも同じ結果だったので、

1年以上コレステロールを下げるサプリを飲むが下がらず。

親に聞いたら、母親と母方の祖母も同じくコレステロール値が高かった(皆体系はやせ型)ので、

家系なのかな~と思っています。

 

5. 人間ドックを終えて

内容的にも毎年の会社の健康診断で良いかなと思いました。

大腸がんの検査の必要性は検便で分かるらしく、検便で怪しい結果になれば、

大腸検査をすれば良いとのこと(医者曰く)。

 

胃カメラも今回初めて飲んで、特に異常は見られなかったので、

数年はご遠慮したい。

飲むとしても別の病院(鼻から入れる胃カメラもあるらしく)にしてもらいます。

 

今回の教訓は以下の通りです。

・人間ドックの受付は朝一番に並ぶべし

・胃カメラの上手い下手は事前に調査すべし(胃カメラだけ違う病院で行う手もあり)

・おへそは綺麗にしておくべし

 

体験して健康状態を確認することは大切だと思いますので、

自分・家族のために一度は人間ドックを受けてみることをお勧めします。

それでわ。

 

-雑記

© 2021 あひるのブログ Powered by AFFINGER5